20代後半OLの投資記録ノート

 {誰にも言えないお金のことをさらけだしてくブログ} お口は悪め、こてこての関西人、投資2年生。NISA・配当金・ふるさと納税・奨学金・家計簿

【ザ・パック】株主総会の案内が届きました。次の狙いはアパレルEC段ボール?

ザ・パック(3950)とユーザベース(3966)から株主総会の案内が届きました。

(ユーザベースは2月の下落時に微益で手放しています...悔しさ満点)

今回はザ・パック(3950)の報告書サマリーよりかいつまんでお送りします。

2016年にNISAで購入しています。

 

 

今期配当金について

→1株25円

期末配当はいつも通りでした。

12月の株主優待はクオカード1000円分ですが、今回は設立記念優待ということで+1000円の2000円分がいただける予定!

11月の発表から長かったなぁ、忘れてました。

 

事業報告サマリー

  •  売上高 +1.3%↑
  • 営業利益 +12.2%↑
  • 経常利益 +11.2%↑
  •  純利益 +14.7%↑ 

f:id:hiro_116:20180325143606j:image

紙加工品事業 売上+2.9%↑ 営業利益+12.8%↑ 
  1. 紙袋(構成比31.9%)の売上は、堅調に推移し、前期比+1.2%↑
  2. 紙器(構成比16.3%)の売上は、食品用パッケージが順調、さらにeコマース市場にも積極的営業を進めた結果、前期比+6.9%↑
  3. 段ボール(構成比10.9%)の売上は、メーカー・eコマース市場が好調、前期比+3.6%↑
  4. 印刷(構成比2.4%)は販売低調で前期比-3.6%↓

一番の強化分野は紙器だそう。

 

化成品事業  売上+1.3%↑ 営業利益+13.6%↑

国内専門店向けの販売は不調も、紙おむつの受注が好調で牽引。

 

その他事業  売上−4.3%↓ 営業利益−7.9%↓

PASシステム(包装資材その他製造在庫管理、納品まで一括で請け負うアウトソーシングシステム)関連の売上減少。

f:id:hiro_116:20180325143627j:image

 

設備投資と資金調達の状況

大阪工場、東京工場の製造設備の増強に必要な資金(約15.5億)は、自己資金により賄っています。

f:id:hiro_116:20180325143626j:image

 

カンナル印刷株式会社について

2017年12月18日、カンナル印刷株式会社の株式の過半数を取得し、子会社化へ。

株式取得価格は非公開。2018年4月2日から連結子会社となる予定とのこと。

カンナル印刷は医薬品パッケージの生産、販売を専門に扱う会社で創業70年。ザ・パックよりも会社としては古い。印刷業界全体でみると、市場は縮小傾向なので今後も業界内M&Aは多くなると思う。凸版と大日本の2強以外は99%が零細企業や中小企業の下請けで成り立っているといいます。営業時代、印刷業界の方との接点がありましたが、経営は相当厳しく、成長分野ではないなと強く感じました。

ザ・パックの紙包装の総合会社として、M&Aの狙いどころはおもしろいなと思います。

 

アパレルEC × 包装段ボール

おもしろい記事を見かけました。

toyokeizai.net

EC(電子商取引)向けの包装箱需要の急成長だ。“消費不振”がいわれているがそれはリアル店舗ベースの話であり、ECのほうはありとあらゆる商品分野で広がりを見せている。バーチャル店舗での購入はむしろ“消費好況”という状況だ。

『歩く広告』から『届ける広告』へシフト?

 ザ・パックが取引している顧客は1万4000社に上るが、「美粧包装箱」で特に狙っているのがアパレル各社だ。空前のアパレル不況の中、実店舗の統廃合に追い込まれていても、ECは拡大傾向にある。

これを読んで真っ先に思い出したのは、

ZOZOTOWNのスターウォーズ仕様の段ボール。あとは、Oisixも野菜か風景の段ボールで届いて、すごく記憶に残ってる。 

インバウンドで利益が順調な間に次の手をどう打つか。来週の株主総会行きたかったけど、年度末なので断念。せっかく大阪の企業なのに3月やと毎回行けそうにないなぁ。包装資料館見てみたいです。 

www.marcourt.space